会社の交通費精算について

自分の勤めている会社は交通費が出る範囲が決められています。会社から自宅までの範囲が近い人はバイクで通勤すら許されません。徒歩、もしくは自転車で通勤しなければならなく、交通費はもちろん出ません。バイク、車で通勤しても良い範囲に住んでいる人は乗ってきても良いのですが、車かバイクのどちらかです。1台しか会社に登録できず、登録されていない乗り物で来ると、処分を受けます。駐車場に停められる台数が限られており、とくに雨の日には車で勝手に乗ってきて駐車場に停めるので、普段から車通勤をしている人が車を停められないなんてことになります。登録は所属部署にあるパソコンから登録します。出張や外出などはすべてこのパソコンから許可を申請し、許可されてから出張などをし、後日、パソコンから交通費精算をすることになります。手間ですが、しないと自腹になります。

領収証の無い交通費精算の金額確認は

私は会社を総務の仕事をしています。総務の仕事はさまざまありますが、社員の方の交通費精算もそのひとつです。私の勤務先の場合、社用車で移動する場合と電車などの公共交通機関で移動する場合があります。社用車の場合はガソリン代、有料道路の通行料など、領収証ではっきりと金額がわかるものばかりですが、電車の場合は在来線など領収証の無い場合が圧倒的です。特にICカードを使うと現金で精算した場合と金額が変わるためチェックする側も大変です。そんな時はインターネットや専用ソフトで路線を確認したり金額を調べています。おかげで交通費を調べる手間もかなり軽減されていますが、乗り換え回数が多い場合は使う路線によって金額が変わるため注意が必要です。もっともそれほど大幅に金額を水増しして清算書を作成する人もいないので、概ね提示された金額で精算を行っています。

交通費精算のシステム

交通費精算を行う場合に、専門のシステムを使うことがあります。そのほうが企業も安心をすることが出来るのです。交通費は領収書を出すことが出来ない場合もあります。ですから、オンラインでチェックをすることが出来れば便利ですし、確かな方法となってくるのです。交通費精算も分からなくなることがないように、迅速に処理をすることが必要となります。他の経費とは違った方法で精算をすることになっている企業も多いです。専用のシステムでオンラインで精算をすることによって、不正を防止することが出来るようになります。より便利な方法で精算をすることが出来るように工夫されているところもあります。システムについても導入にコストがあまりかからないようにもなってきているので、便利です。簡単に精算をすることが出来るようになっているところもあります。