交通費精算をスピーディーに行うには

皆さんは仕事を行う際に社内で事務仕事を行ったり或は工場内で働くなどして対応されるケースも多いと思います。また仕事を行う方の中には出張をされるケースの多い部署も有りまして、例えば仕入先との取引を行っている方においては頻繁に出張などを行っています。そして出張時の交通機関の予約などはインターネットで行うケースが増えていまして、また支払いもクレジットカードで行うなど自分で対応する事が可能です。会社によっては社内に旅行会社が入っているなどで、切符の手配を行う事も可能ですが、これらの状況は各社によって異なっています。また会社交通費精算を効率的に行える様に、システムを導入して対応しているのです。これらの交通費精算システム利用メリットとしては、出張時の申請や承認作業をスピーディーにもれなく行える点にあります。

交通費精算に関するルール

業務上の交通費精算に関してですが、それぞれ会社によってルールが決められていると思います。私の勤務する会社は、基本的に車に乗っての移動手段がほとんどです。従って、高速道路や有料道路の利用に関して、交通費の精算をしなければなりません。ここに打ちの会社には一つルールがありまして、それは片道30km以内の高速、有料道路の利用禁止というものがあります。時間的なものや急用など、理由がある場合はその旨を精算時に領収証と一緒に理由を記入して提出をします。また、交通費の精算は、利用した日の3日以内と決められています。毎月、1ヶ月での精算金額を本部へ報告するわけですが、経費削減という意味合いで、前年の生産金額と比べて多い、少ないの理由を報告しなければなりません。とにかく、経費に関してはどこの企業もうるさいのではないでしょうか。有効な使い方であれば問題ないですが、無駄に使われることの無いように管理者は目を光らせておかねばなりません。

交通費精算について。

交通手段はいろいろあります。バスや電車、自動車などさまざまな交通機関などがあります。その際に発生するものがあります。それは、交通費です。バスですと、乗車した距離によって運賃が発生します。電車でも同じで、乗った区間の運賃が発生します。そして車です。車が一番交通費精算が難しいところです。今の世の中では、ハイブリッドカーもたくさん普及していて、とても燃費の良い車が多いように感じます。もちろん、普通の燃費の車に乗られている方も多いので、交通費を割り出すことは一番難しいのではないかと考えます。私が今勤めている会社でのお話をします。私が勤めている会社は、車通勤可で、交通費支給です。上限があり、一万五千円までが支給されます。計算方法ですが、まずガソリン代を、1リッターあたり150円計算にします。その計算で費用を割り出しています。