私の勤務先の交通費精算の仕方

勤務先での交通費精算については、基本的に出勤時と帰宅時の往復分については、給与にて支給されます。そのほかの外出時に定期以外の区間分についてなどは、事後精算という形になります。最近では、消費増税にともない、切符とICカードでの運賃に差額が発生してしまっているので、原則ICカードでの運賃で精算することとなっています。交通費の中でも、切符代については、領収証の添付がなくても問題ありません。しかし、車にて移動した際のガソリン代や高速代などは、領収証の添付が必須となっています。高速代などは最近はETCカードでお得に利用している人も多いので、領収証については、後日サイトにアクセスして取得しなければなりません。事務手続き上領収証を準備したりは手間ですが、きちんと交通費を支給してくれる企業に対してきちんルールを守って申請するのは当然のことだと思います。

交通費精算を効率的に行うには

会社に勤務している方の中には事務所などで内勤をメインにしている方や、或はお客さんとの打合せを頻繁に行うなどで出張に行かれる方も多く見えるのです。そしてこれらの出張の際には自家用車や電車そして場合によっては飛行機を用いるなどして対応される方がみえます。これらの交通費は自分で立替を行って対応するケースや、或は社内に旅行会社が有るなどでここで切符などを手配してくれるケースも有ります。そしてこれ以外にも日当や食事代が支給されるケースも有りまして、出張の精算を行って会社に請求するのです。これらの交通費精算としては多くの方が対応しているのですが、大きな会社等ではシステムを導入するなどして効率的に対応しています。これをシステム化する事で申請や承認作業がスピーディーに行えますのでお勧めなのです。皆さんにおかれましてもこれらの交通費精算を効率的に行いましょう。

交通費精算を簡単にするには

企業にとって悩みの種の一つが交通費精算方法だと思います。企業によってやり方は様々だと思いますが、あまり手間をかけずに確実な処理をしたいというのは、どの企業も同じように願っている事でしょう。交通費の清算方法で私が一番おすすめするのは、交通系のカードを貸与するという方法です。これならお金も会社が確実に管理できますし、履歴などを見れば、正しく使われているかどうかもすぐに確認できます。また、電車以外の交通費は非常にややこしいです。例えば、飛行機を多く使う企業ならば、航空会社と法人専用の契約を行うという方法があります。この方法ならば、航空会社がある程度の手続きはやってくれるので、より手間を省くことが出来ます。ただし、最安の運賃などは、この方法だととれない事が多いので、そこは会社として何に重点を置くのかに合わせて決めましょう。